鍵を失くさないようにするには

鍵の交換をする場合

鍵を失くさないようにするには

鍵の交換をする場合

家の玄関の鍵を交換したことはありますか。鍵を交換する理由はいくつかあるとは思いますが、自宅に空き巣や泥棒が入ったため防犯性を高めるためのカギを交換した。 高齢者と同居しているので使いやすい裏表のないリバーシブルキーに鍵を交換した。一般的な刻み鍵からセキュリティを向上させたいためにディンプルキーに鍵を取り替えた。 友達の家に遊びに行った際、玄関にタッチパネル式のオートロック電子錠が取り付けられていて、気に入ったため自分の自宅の玄関にも同じタイプのオートロック電子錠に鍵を付け替えた。 鍵は理由があって交換するものであり、デジタル時代の世の中にあって、アナログのツールと言えるでしょう。マンションなどにはオートロックが付いていたりして、デジタルのものもありますが、 まだまだ玄関の鍵はアナログなものが多く、車の鍵はスマートキーやイモビライザーキーが普及し、デジタルのものも浸透してきています。バイクのカギはイモビライザーキーの普及は極一部であり、 浸透しているとは言えないのが現状です。鍵がデジタルであれ、アナログであれ、鍵を交換する機会があるのは変わらず、自分で鍵を交換できればいいですが、大きさや取り付けるドアや扉によって、 付けられる鍵が限られており、ホームセンターで鍵を買ってきたが、大きさが合わなかったり、鍵の交換が上手くいかない場合もあります。鍵の業者に取り付けてもらうのが一番早くて確実です。